「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

書かれなかった韓国紀行、夏目漱石「満韓ところどころ」   

2009年 09月 28日

 夏目漱石が「満州」旅行を終えそのまま韓国に入り滞在していたのがちょうど100年前、
1909年9月末から10月の半ばであった。紀行文を『朝日新聞』に「満韓ところどころ」として
10月末から年末まで連載したが、タイトルと異なり実際には韓国に触れた項目はなく文中で間接的に触れる程度である。

 旧友の「満鉄総裁」中村是公の誘いにのった旅であり、中村としては人気の作家に「満州」の「宣伝」をしてもらう魂胆があったのだろう。
 しかし10月26日に伊藤博文の射殺があり、もともと韓国での滞在、旅行記を書く心境でなかったのであろうか。
中国での記述を最期に大晦日に連載を終了をしている。
 なぜ書き継がなかったのであろうか。

 ただアン・ジュングンの伊藤狙撃に関しては翌年三月から連載を始めた小説の「門」で登場人物の会話で描写をしている。

「どうして、まあ殺されたんでしょう」と御米は号外を見たとき、宗助に聞いたと同じ事をまた小六に向って聞いた。
「短銃をポンポン連発したのが命中したんです」と小六は正直に答えた。
「だけどさ。どうして、まあ殺されたんでしょう」
 小六は要領を得ないような顔をしている。宗助は落ちついた調子で、
「やっぱり運命だなあ」と云って、茶碗の茶を旨そうに飲んだ。御米はこれでもができなかったと見えて、
「どうしてまた満州などへ行ったんでしょう」と聞いた。
「本当にな」と宗助は腹が張って充分物足りた様子であった。
「何でも露西亜に秘密な用があったんだそうです」と小六が真面目な顔をして云った。御米は、
「そう。でも厭ねえ。殺されちゃ」と云った。
「おれみたいなような腰弁は、殺されちゃ厭だが、伊藤さんみたような人は、哈爾賓へ行って殺される方がいいんだよ」と宗助が始めて調子づいた口を利いた。
「あら、なぜ」
「なぜって伊藤さんは殺されたから、歴史的に偉い人になれるのさ。ただ死んで御覧、こうはいかないよ」
「なるほどそんなものかも知れないな」と小六は少し感服したようだったが、やがて、
「とにかく満洲だの、哈爾賓だのって物騒な所ですね。僕は何だか危険なような心持がしてならない」と云った。
「そりゃ、色んな人が落ち合ってるからね」

 光州在住の市民ネット・メンバー、漱石研究者として漱石作品の韓国語への翻訳がある金正勳さんは、
『門』に描写されるアン・ジュングンの「事件」をテーマの一つとして、
「漱石の『門』に投影される国家イデオロギーの翳―冒頭場面と「罪」の問題をめぐって―」の題で
「社会文学」第二三号、二〇〇六年二月、日本社会文学会に掲載をしている。

 金正勲さんは論文中で「漱石は朝鮮をどう思っていたのだろうか。このことは、私のような韓国の研究者には何より重要な問題である。
が、同時に回避したい問題でもある。敏感に感じるところを正面から触れずには通れない苦痛のようなものが、そこに伴うからであろう。」
として「漱石の矛盾は、個人的な問題を離れ、東西洋を見る観点に拘って考えると、西洋を見るのと東洋を見るのに不合理性が見出されるところにある。

 そして漱石と朝鮮を結びつけて考えれば、日本と朝鮮との関係において、朝鮮からの意識と視点を十分持ち得なかったところにある。
特に漱石は、日本帝国の侵略が朝鮮や他の大陸を犯しつつあった時、同情はしていたものの、日本帝国の臣民の立場から脱皮できなく、
植民地主義についての理解に乏しかったように見える」語っている。

しかし「……しかも物語の展開においても彼らの人物は、諧謔とユーモアに豊富な姿を見せていて、
目をテクストから離せないよう読者を物語の深いところへ導いていくのだ」とも論じている。
(近々、日本の出版社から一連の漱石作品に関する論究がまとめられ刊行される。)

 漱石における個人主義と国家主義は図式的に「整理」されるものではないのはもちろんであるが、
研究者によって評価の違いがある。個人主義に重点をおく立場の研究が近年は多く見受けられる。
 また「未成熟」な日本国家、社会への批判を「国家主義」へとつらなる立場という評価もあり、
近代文学の研究者によって議論され続けているところであるが、アジアの社会をみるときに天皇国家の「国民」、
支配する側、帝国の立場が無意識に潜んでしまう限界は「満韓ところどころ」の紀行で顕在される。

 しかし一方で晩年における堺利彦への間接的な「支援」、
生業を作家とし国家に組み込まれない立場を選択したことも事実である。

 先月、たまたま知人の詩人が主宰をしている文学ゼミが漱石の小説「それから」を課題にした。
「朝日新聞」に紀行「満韓ところどころ」をはさみ、小説「門」の前に連載していた小説であり、
1909年6月27日から10月14日まで東京と大阪の「朝日新聞」に掲載された。脱稿は8月14 日である。

 漱石は政治家を巻き込んだスキャンダルの日糖事件や、弟子の小説「煤烟」を話題にして自身の小説に取り入れ
三面に掲載される新聞小説で記事を「再構成」している。

 その話題の一つに幸徳秋水らの活動に対して政府、官憲の監視が厳しいことをやはり登場人物に語らせている。
 幸徳秋水がアン・ジュングンの伊藤射殺を快挙として漢詩を詠んでいるが、幸徳にとって五ヶ月前に天皇国家、官憲による
徹底した弾圧を受けたことが、アンジュングンの立場に「近づき」得たのではないか。

『救援』という月刊新聞に昨年五月から「大逆事件の救援史」というタイトルで連載をしている。
 昨年が「無政府共産」の赤旗事件から百年であり、その過剰な弾圧から書き始めた。
 赤旗事件で実刑を受けた大杉栄は二年前の東京市の市街電車の運賃値上げ反対の集会でも
弾圧を受け実刑判決となっている。
 漱石は「野分」という小説で、このいわゆる「電車事件」で逮捕された社会主義者の救援をめぐって
同情的な内容で描写をしている。
「それから」で登場人物の会話で間接的に触れられるのは千駄ヶ谷の「平民社」である。
100年前の春から宮下太吉が出入りをし、宮下は個人で規模の小さい爆裂弾を製造し明科で11月に試爆している。
幸徳は管野須賀子たちと運動紙『自由思想』の発刊を準備していた。
 6月にその千駄ヶ谷の平民社を幸徳の友人である朝日新聞記者、杉村楚人冠が訪ね、
やはり三面に署名記事で訪問記を掲載するのである。

 平民社への監視のことなど、以下のブログに紹介。
http://nikkan100.exblog.jp/9038854/
 赤旗事件、大逆事件などは下記サイトにアップしています。
http://members2.jcom.home.ne.jp/anarchism/anarchism-katsudo-danatsu.html
[PR]

by nikkan100 | 2009-09-28 15:25 | 韓国

黒百合平から赤岳、美濃戸口   

2009年 09月 26日

a0129257_1945298.jpg

黒百合平 5時55分 山小屋は「黒百合ヒュッテ」

 体調を崩していたのですが26日土曜夜に40人規模の「宴」の進行役が美濃戸口、太陽館であり、どうせならば八ヶ岳の南北の過半を縦走とプランをたてました。
 前日の昼にピラタスロープウェイで11:25 頂上駅着。縞枯山、茶臼岳、丸山、中山を経由して黒百合平着。16:00。
 17年前に赤岳鉱泉発、硫黄岳に登り縞枯山、縞枯山荘まで縦走をしたことがある。
 
 ヒュッテは素泊まり5,300円、前日早朝、プリンターのインク切れで補給に自宅近くの「西友」に探索に行きました。インクは無く、代わりに食品売り場で一個、66円から88円のおにぎり八個と
ナビスコ、クラシック・クラッカー、チョコレートを購入。四食分の費用、1,000円。
 土曜の宴が待ち構えているので、準行動食で耐えることにしました。結局、おにぎりは二個余りました。

 装備は2Days Pack。トレイルランニングシューズ。天候に恵まれ、ウェアはショートパンツ、半袖のトレイルランニング・シャツで縦走路の95%を過ごしました。
 万が一降雪があっても対応はできるウェアは用意してありました。

 予想外は水分補給に関して。
 500ミリリットルの「テルモス」に冷たい水。同量のミネラルウォーターの
ペットボトル。 計1ℓ、常に500ミリリットルはキープする予定。しかし硫黄岳で50円で500ミリリットルを補給したが、900ミリリットルを飲み。赤岳頂上で残り100ミリリットルになってしまう。おにぎり、クラッカーという準行動食を食べる時に水分をより必要としていた。
 50分後、文三郎尾根を下り行者小屋前の水場でたっぷりと飲み、水筒、ボトルにも補給。
また降雪、降雨量の少なさで各山小屋は例年に比して水不足。
 例外は硫黄岳。トイレもウォシュレットが装置されているという。水源からポンプアップをして「豊富」なようだ。

a0129257_19454441.jpg

陽はすでに昇っています。佐久方向。


a0129257_19461064.jpg

天狗岳に向かう途中です。

a0129257_19461762.jpg


a0129257_19462576.jpg

一番奥が蓼科山です。

a0129257_19463341.jpg

雲海はまだ下の方ですが、だんだんと上がってきます。

a0129257_19465132.jpg

正面が北八ヶ岳、硫黄岳の爆裂火口、奥が横岳

a0129257_1946582.jpg

赤石山脈が遠望できます。

a0129257_1947842.jpg

天狗岳の頂上から根石岳を望む

a0129257_1947768.jpg

頂上標識、雲海が下です。


a0129257_1947309.jpg

根石岳

a0129257_19474078.jpg


a0129257_1947487.jpg

正面が赤岳、右下に根石山荘が見えます。今年は水不足。展望風呂は無し。

a0129257_1948052.jpg

箕冠山頂上は樹林の中

a0129257_1948982.jpg

山びこ荘、ヤマネが来る小屋、暖かい珈琲を飲むつもりが「カップラーメン」350円。
小屋番とのおしゃべりがはずみ、予定外に35分休息

a0129257_194823100.jpg

小規模風力発電。鳥は巻き込まれないのでしょうか。

a0129257_19483432.jpg


a0129257_19484928.jpg


a0129257_1949176.jpg


a0129257_19491367.jpg



a0129257_19493291.jpg

横岳 標高2,829m

a0129257_19494252.jpg

横岳奥の院から赤岳

a0129257_19495353.jpg

横岳を越えて、京都、長岡京の単独者。赤岳頂上小屋に宿泊とのこと。

a0129257_1950419.jpg

標識、ここに上がるルートは使ったことがありません。

a0129257_19501635.jpg

地蔵の頭から赤岳ピークを望む。

a0129257_19502870.jpg

赤岳、頂上並びの休息スペース。到着をしてからしばらくして撮影。
霧があがって来ていたので頂上からの展望は無し。

a0129257_19503945.jpg

下りで発見をしましたが、凝ったプレートです。

a0129257_19505027.jpg

赤岳からの下り。積雪期も含めての補助鎖

a0129257_1951536.jpg

紅・黄葉

a0129257_1951207.jpg

行者小屋13時5分着、23分発 この後、途中ランニング、美濃戸口15:15

昭文社「山と高原地図」による「コースタイム」は黒百合平から美濃戸口まで10時間。
9時間20分。休憩時間は1時間50分程度。歩・走行時間 7時間30分


a0129257_19513383.jpg

北八ヶ岳連峰





a0129257_1952744.jpg


行者小屋前から縦走路を仰ぎ見る
[PR]

by nikkan100 | 2009-09-26 19:43 | 山歩き

北八ヶ岳   

2009年 09月 25日

a0129257_1940525.jpg
a0129257_19411455.jpg
a0129257_19412819.jpg
a0129257_19414328.jpg
a0129257_19415384.jpg
a0129257_19422845.jpg
a0129257_19423876.jpg
a0129257_19425439.jpg

[PR]

by nikkan100 | 2009-09-25 19:39 | 山歩き